So-net無料ブログ作成

薄毛治療には運動を取り入れることです [育毛成功]

薄毛を感じた時、呆然とする人が多いです。


気になってたまらない。


そんなとき、あせって「育毛剤」に目が行く人も多い。

しかし、育毛剤よりもまず、考えることは運動です。


どんな育毛本にも「薄毛対策には運動を取り入れるべし」と書いています。


これは私の体験からも本当のことなのです。


気分転換、そして、血行の改善です。

健康志向が高まり、最近はスポーツジムに通う人も増えて自分の体をより健康にしようと管理するようになりました。

結論から言うと、

「体によい事は、髪の毛にとっても良い」

ということです。

抜け毛、薄毛の原因は血行の不良があり、血行をよくすれば、特に女性の場合は髪の毛が生えやすいのです。

髪の毛に良い運動としては、やはり有酸素運動といえます。

有酸素運動は心肺機能が強化されることで血液の循環が良くなって新陳代謝も活発になり、頭皮まで血液が流れます。

頭皮、髪に栄養を届けるためには血行を良くする事は大前提であり、「新陳代謝」というのは細胞の再生のことで、頭皮における発毛環境を整える為には不可欠なものです。

汗をかく有酸素運動をすると、体にとって心地よい疲労感が、髪の成長に役立つ「充実した睡眠」ももたらしてくれます。

しかし、今まで運動をしていない方が、いきなり激しい運動をすると筋肉を痛め、逆効果となりますので注意しましょう。

日本人の特徴で、「やりすぎる」ケースが多いのです。

安全に効果的な有酸素運動を取り入れましょう。

有酸素運動で代表的なものに、エアロビックス、ジョギング、ウォーキング、水泳、自転車などがあります。

去年ブレイクした「ビリーズブートキャンプ」なども有酸素運動となります。

私は個人的には「リズミックカンフー」というカンフーの運動を実行していますが、これも有酸素運動といえるものです。

有酸素運動は、負荷のかけ方にもよりますが1日に20~30分、週に3~5日程度行うと効果的です。

週に1度では効果は少ないです。

心拍数が少し上がり、うっすら汗ばむ程度の運動を続ける事が良い状態です。

あまり負荷をかけすぎて、目標心拍数を超えてしまうと無酸素運動になってしまい、逆に心臓に負担をかけてしまいますので注意しましょう。

運動を楽しむ日々をすごしていると、心身が明るく、健康になります。

そして気がつくと、いつのまにか薄毛が改善され、髪の毛が太く、量も多くなっていることに気づくのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © 育毛ウソ・ホントをこの場で決めようじゃないか All Rights Reserved.